売り上げ台数にこだわるのがトヨタ

過去に日産とトヨタが二大自動車メーカーとして存在していた時代では「技術の日産」「販売のトヨタ」などといわれていました。
これは車を作る技術力は日産、販売戦略はトヨタが優れいているということなのですが、日産がルノー傘下に入ったこともあってこういったことを言われることが無くなってしまいましたが、「販売のトヨタ」は今でも健在です。
トヨタはとにかくうまく商売します。
車を発売してそれを購入した方からいろいろな意見が出るとすぐにその後のマイナーチェンジなどでその意見に対する回答を出します。
例えばフロントグリルのデザインが悪いと巷で噂させるとマイナーチェンジでフロント周りのデザインを変更してきますし、パワーシートがあればいいのになどとインターネットの掲示板でいわれるようになると次のマイナーチェンジで必ず採用してきます。
よく言えば世の中の意見を取り入れる自動車メーカーというように見ることができますが、逆にいえば顧客の意見に流されやすい自動車メーカーであるということです。
その最悪なパターンが先代ヴォクシーです。
ヴォクシーは当初はただ単にノアの販売チャネル違いのモデルとして販売されていただけの車で、デザインもモデル同士の差別化を図るだけの違いでしかありませんでした。
しかし、若いころを忘れられない若年層のファミリーに購入されるようになり、コンサバティブなファミリーカーではないデザインが好まれた結果、マイナーチェンジ後にドレスアップ要素を強くしていきました、
そして世の中でヴォクシーのメッキパーツを使ったドレスアップが流行し始めると今度はメッキパーツだらけの煌などいうモデルを作るようになったのです。
そういった若年層ファミリーのお父さんに意見を聞きすぎた結果、出来上がったのが2代目ヴォクシーで、ファミリーカーらしからぬチャラ付いた車になってしまったのです。
もともとあったコンセプトを大きく変えてまでも売り上げ台数にこだわるのがトヨタなのです。